平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業が始まります

2025年には団塊の世代が後期高齢者を迎えるなど少子高齢化が進行する中、介護保険法の改正により、要支援認定者の介護予防サービスの予防訪問介護と予防通所介護が、市が実施する「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」に移行されることになりました。

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは

総合事業は、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することにより、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。総合事業には「介護予防・日常生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」の2種類があります。

要支援状態の方等の生活支援などの多様なニーズに応えるために、吉川市では平成29年4月から、介護予防サービスの「予防訪問介護」と「予防通所介護」を総合事業に移行します。

総合事業のサービス

介護予防・日常生活支援サービス事業

利用できる方

  • 要支援1・2の方
  • 基本チェックリストにより事業対象者と判定された方(※40歳~64歳の方(第2号被保険者)は要支援認定が必要です)

事業内容

  • 訪問型サービス
    • 現行の訪問介護サービス
    • 吉川市訪問介護相当サービス
    • 吉川市訪問型短期集中予防サービス
  • 通所型サービス
    • 現行の通所介護サービス
    • 吉川市通所介護相当サービス
    • 吉川市通所型短期集中予防サービス
一般介護予防事業

利用できる方

  • 65歳以上のすべての人

事業内容

吉川市総合事業のサービスコード表

吉川市の総合事業におけるサービスコード表は次のとおりです。(平成29年4月~)

 吉川市総合事業の単位数表マスタ

 吉川市総合事業単位数表マスタ [8KB csvファイル] 

実施要綱等

介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱 [718KB pdfファイル] 

介護予防・日常生活支援総合事業ケアマネジメントマニュアル [166KB docxファイル] 

様式

指定申請書 [29KB docxファイル] 

変更届出書 [26KB docxファイル] 

廃止・休止・再開届 [25KB docxファイル] 

介護予防・日常生活支援総合事業説明会資料

 説明会のページはこちらから